toggle
2018-11-11

メモの取り方・コツは【違い】をメモする!これだけ

紙とペン②

セミナーには毎回まじめに出席している。ひとことも聞き逃さずその人の声に耳を傾けている。ノートいっぱいにメモをとる。

しかし、メモの量が多すぎてどこが重要なのかわからなくなるし、結局全て重要なのだと勘違いする。膨大な量に復習する気がおきず、挙げ句の果てにそのメモがいかされることはなかった、、、。

 

きゃーーー!!((((;゚Д゚)))))))!!

 

といったことが自分にもありました。頑張ってメモしたことがまったくの無意味になったらどうしますか!?

セミナーに行くまでの交通費、時間などあらゆるものが無駄になります。なのにそれに気づかず、多くメモしたことによる充実感というまったくもって意味のないものだけが残ります。

メモをとるべき箇所はたった一つのことだけでいいと私は思います。そこをメモして実践することこそ、意味のあるセミナーだったといえると思います。

今回は、メモの取り方、メモをするコツの紹介です。実は、どんな説明会やセミナーであってもメモすべきことは同じ。それは、ある“違い”を探してメモすることです。

誰でも簡単に、メモする箇所はわかります。ぜひ参考にしてみてください。きっとあなたの人生は変化することでしょう。

あなたがしなかった選択をメモする

道を歩く女性

セミナーでメモすべき箇所はたった一つ。講師と自分自身の“人生の選択”、それが異なる箇所をみつけてメモしましょう。

例えば、講師が人生の分かれ道で“右”をせんたくして大きな成功を収めているとします。

いっぽう、あなたは講師と同じ選択をせまられたとき“左”を選んでおり現状が存在するなら、“右”を選ぶということをメモし、実行すべきです。

そうすることで、一瞬にして結果をものすごい変えることができるはずです。

人はやたらとメモしたがる

メモ帳とペン

あなたがセミナーに参加するのはなんらかの今の現状を変えたいから。多くの人は、余計な部分を大量にメモし、結局学ぶべき点がわからなくらるのだと思います。

人はやたらとメモしたがります。名言が出たとき。覚えたほうがよいと思ったとき。図やグラフなどなど。

でもそれは、義務教育でむりやり癖づいてしまっているのだから仕方ありません。習慣ってほんとこわいですよね。無意識のうちにメモしまくるのですから。

でも、そこは心を鬼に。クールかつスマートにセミナーを受けましょう。

講師陣の話はおもしろい

セミナーを開く男性

最近はセミナー講師の演説レベルがあがったと思います。お笑い芸人のような講師が山ほどいます。講師のために会話術をみがく教本まで出ていますよね。

おもしろおかしく話をし、お客さんの心をつかめばそのセミナーは大成功となるでしょう。

たしかに話のおもしろいかたがいっぱいいます。でもこちらからしたらそんなの関係ありません。漫才やコントを見に来ているのなら別ですが、そうではないはずです。

余計な話にはのめり込まず、かるく流してください。おもしろいな〜!と心では思いつつも、講師とあなたとの人生の違いを見つけるのに集中して下さい。

まとめ〜現状を変えたいなら〜

メモをする

極端に言うと、私は講師の話などまったく興味がありません。自分がそのセミナーで知りたいのは、その講師と自分との違い。

そのひとが何をしてきたのか、そして何をすべきなのか、その方法が出たときにだけメモを取ります。

そしてそれをすれば必ず結果が変わるんです。それが成功するか失敗するかは別として、やらなければ成功も失敗もしません。

今回はセミナーを受ける時のコツについてご紹介いたしました。

紙に「Thnak You」と書く

これからセミナーを受けられるかた、セミナーに出席してもなかなか思うように結果が出ないかた、セミナーの受け方がわからないかたなどのご参考になりましたら幸いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA