toggle
2018-12-08

自分を思いどおりにコントロール〜もう何も怖くないメンタルトレーニング〜

goodを選ぶ

嫌なことがあると極度に落ち込んでしまう。

人と話すのが苦手。

一歩ふみ出せない自分がいや。

困りごとががたえない。

悲しくなる。

眠れない日々。

そんな自分を変えたい。

どうして自分だけがこんなに辛いのか、なぜ周りの人はあんなに平気でいられるのかわからない。そう思っていた時期が自分にもありました。

うまく生きている人とそうでない人との違い。それはちょっとした“考え方”の違いだったりします。

「うそだ!」

「きれいごとでしょ!?」

「考え方変えたくらいで変わるわけない!」

「ほかに方法があるはず!」

自分もそう思って本やネット、人に聞いてみたりとたくさん調べました。ですがやっぱり見つかりません。

誰かに相談すると決まって口にするのが、

「考え方がダメなんだよ」

「もっと気楽に考えなよ」

という精神論ばかり。もう、うんざりです。

うんざりしたのですが、ほかに方法が見つからなかったため、だまされたと思って必死で勉強してみました。

人生をうまく生きている人とそうでない人の違い。それは本当に、ささいな“考え方”の違いなのではないかと思えるようになりました。

不思議なことに、いわゆる“成功者”と言われている方々は、

自分を信じる。

決断する。

という一見だれにでも出来そうで出来ないことを本当の意味で理解し、実践されておられるかたが多かったです。

初めから成功者になる素質があったわけでもなければ、秀でた能力があったわけでもありません。

一番大切なスタート地点。その扉を、“気持ち”という扉を開いているかいないか。その基礎的な部分を開くことができれば、道が見えてくるということですね。

なんとか今の現状を変えなければならない。だけどそのやり方がわからないという方へ。すこしでも助けになれれば幸いです。

一瞬で気持ちを切り替える方法

水遊びする男性

思考をコントロールするのは誰にでもできます。

自分が心から楽しい!嬉しいと思えた瞬間を思い返す。たったそれだけです。

「思いうかべるのはできたけど、心のどこかにまだネガティブな考えが残ってるのですが、、」

はじめはそれでも大丈夫です。いきなりうまくいくわけありませんので。

心も筋トレと同じで、鍛えていくものです。

筋肉を作るのはジムに通ったり、食事に気をつかったりと面倒なことが多いです。

気持ちの切り替えは、いつでも、どこにいても、一発でできます。

14日もそれを心がけていれば段々となれてくると思います。

イメトレの絶大な効果

ひらめく男性の絵

私たちの頭は、実体験だけでなく、想像したことも記憶の中に残せるという便利な機能があります。

スポーツ選手だって、ぶっつけ本番で試合にのぞんでいるわけがありません。練習量と同じだけイメトレしていると思います。

うまくイメージを脳に定着させることができれば、それと同じ動きをしてくれるはずです。

ぶっつけ本番でうまくいく人は、以前に同じ経験をしていて、すでに脳にイメージが定着しているか、まぐれかです。

自己暗示

コンセントと電球

自己暗示は、自分もやってみて思ったのですが、“心”を落ちつかせるのにかなり効果があるのではないかと思いました。

家から出かけるとき、

試験や面接前、

緊張している自分への声がけをします。

「さあ、行こうか」

「私なら大丈夫」

「楽勝だぜ」

と、小声でもokなとで声に出してみてください。スイッチが入ります。

人の目が気になる方へ

会議をする人々

本当の意味で、落ち着いて周りを見渡してみてください。みんなあなたとなんら変わらない普通の人間です。

あがり症の方も大丈夫です。

完ぺきにこなそうという気持ちが強すぎるほど、ほんの少しのミスでもメンタルが崩れてしまいます。無理やりにでも楽しむように心がけるのがよいです。

学校で発表会、会社でプレゼン。このようなときに上がらないようにするには、自分がレギュラー番組を何本もかかえる最強の司会者だと思うようにしてみることです。

多少のミスも気にならなくなります。

心に選択肢を作ってあげよう

分かれ道の絵

どうしようもなく逃げ出したい、押しつぶされそうなときは、無理やりにでも“成功”をイメージしてください。

それをするとしないとでどうなるかというと。

①しなかった場合

道は1つしかありません。

→失敗

②した場合

もう一つ道ができます。

→失敗

⤵︎

成功

ちょっとした気持ちの持ちようで、“可能性”が生まれます。

もしダメだったとしても、

周りが誰一人信じてくれなくても、

せめて、

せめて自分だけは、

自分を信じてあげて下さい。

最後に〜最悪の事態が起きても〜

天使の像

さいごに、どうしようもなく最悪の事態が起きた時、人は誰しも焦るものです。

そんな時、自分はこう思うようにしています。

「これは自分の人生に必要なことだったんだな」

「ほんと自分の人生おもしろい展開になってきたな」

と、

大小さまざまな目標、夢を実現するのに自分にとって必要な経験を神様がさせてくれたのではないかとおもってみたり、

自分を映画の主人公に当てはめて、ストーリーの一部に見たてたりしてます。(もちろんハッピーエンド!)

ときどき、

すごいな〜と思う人とかに出会いますよね?もしくはテレビで見かけたり、そういう人たちはすでに。このような“考え方”を持っている人が多いです。

けして、

成功したからあんな考えが持てているわけではないと思います。

そういう考えを持ったから成功できたんでしょう。

でも、

持てていなかった私たちも心配はいりません。今から持てばいいんです。

それがメンタルトレーニングであり、心のコントロールです。

もしすこしでも気楽になれていましたら幸いです。<(_ _)>

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA