toggle
2019-01-02

自然とやる気がでる!?〜1ページ効果〜

5冊の本

試験が控えている。どうしても勉強しなきゃいけない。期間はあるがこのままだと対策なしに受けることになりそう。しかし!、、。

まったくやる気が出ない。いやむしろやりたくない。参考書を開きたくない。もう1ヶ月は参考書を見ていない。

「もういや、、。」

やる気の出ないときって誰しもあると思います。

「あぁ、今日も何もしなかった。」

こんな自分に嫌気がさしますよね。そんな自分を少しでも変えたいかたへ。おすすめするというよりは、自分が試してみていいな!と思ったことをご紹介したいと思います。

やる気が出ないときにやってみたこと。それは参考書を“1ページだけ”やることでした。1ページやるという作業を一日に一回。ただそれだけでした。

「1ページなんて意味なくない!?」

「いつになったら参考書終わるの!?」

と最初は思っていました。やらないよりはマシだと思いながら続けること1ヶ月。これはほんとに不思議なことなのですが、なぜか勉強が進む進む。

1ページやるだけのことを続けることでこんな変化があるとは!?とびっくりしたので心境の変化とともに体験談をお話しできればと思います。

ながら勉強で試験に合格したいかた、やる気が出なくて困っているかた、そしてなんでもいいから試したいかたなどの参考になりましたら幸いです。<(_ _)>

300ページほどの参考書なら1か月もあれば十分終わりますよ!?

1ページ勉強法

本を読む人

毎日1ページやる。というモチベーションを保つこと。ただそれだけ。どんなに嫌でも1ページは無理矢理やる。死んでもやるくらいの気持ちで勉強します。

1日目

本を読む子ども

1ページ勉強法初日。もちろんやる気なんて出ません。参考書を開きたくもありません。ですがやりました。無理矢理やりました。

1ページ覚えたら即座に参考書を閉じました。一瞬でした。その日の夜。

「あぁ、今日も何もしなかった。」

とはなりませんでした。たった1ページでしたが、

「今日は勉強できた、1ページだけど。」

恥ずかしいくらいのなんとも言えない満足感でしたが、何もしなかった日よりはマシでした。

1週間後

勉強する子ども

不思議なことがおきました。二日目のことです。1ページやるつもりが数ページ勉強していました。なぜだか集中力が発揮され、数ページ終えていました。

三日目、四日目もやる気が持続し、一単元終えることができました。このまま一冊終われるのでは!?

「やればできるじゃん!」

と思えた1週間でした。

3週間後

勉強をしている人

一単元終えてからというもの。達成感を感じてしまったからなのか、またやる気が出なくなりました。こみ上げるのは、

「参考書なんか絶対に開かない。」

という気持ち。それでも、それでもまた初日を思い出し、無理矢理1ページだけやって寝ました。

1ヶ月後

区切りごとに、やる気が出たり出なかったりを繰り返しましたが“無理矢理にでも”1ページやるということを続けた結果、

自然とやる気がでる日があらわれてくることがわかりました。たかが1ページという恥ずかしい勉強法でしたが、

何もしない日を作らない、継続するということの意味がわかったような気がします。

時間帯は朝がいいの!?

ホットドリンクと本

「朝にやったほうが効率がいい」

「午前中のほうが頭の回転が良い」

などとよく聞きますが、あまり時間は気にしないで取り組みました。自分の好きな時間、タイミングでとにかく続けることを意識していました。

脳をだます

うまくやる気をだすには“脳をだます”必要があると思います。

ものすごい人生のうまくいっている人があなたの周りにもいますよね?その人たちは、たまたまうまくいったからあんなに楽しそうにしているのではありません。

先に楽しい気持ちを感じるようにしているから、人生がうまくいっています。勉強に関しても同じで、

「やる気が出るの待とう」

と、ただ待っていてはやる気なんて出るはずありません。嫌々でもやり始めるからやる気がでるものなんです。

むしろ1ページでしたら、やる気なんてなくてもこなせる気がしませんか!?

14日効果で習慣になる!?

嫌々にでも1ページくらいは出来るような気がしてきませんか!?仮にそれが2週間ほど続いたとします。それはあなたの習慣になるはずです!

「えー!2週間も続ける自信ないよ!」

大丈夫です。たった1ページです。されど1ページです。

さいごに〜300ページほどの参考書なら簡単〜

4冊の本

1か月で300ページほどの参考書を終えなければならない。どうするか。単純に1日10ページやれば終わりますね。

でも1か月間ずっと10ページやり続けなければならないと思うと気が重いと感じるかたもいると思います。そういうときは、1日を24時間で考えます。

やる気が出る瞬間はなにも1日に一回ではありません。2時間ごとに1ページやれば余裕で10ページできます。2時間に1ページですよ!余裕できる気がしてきませんか!?

そのどこかのタイミングで異常な集中力を発揮して10ページどころか20ページ進むこともあるかもしれません。仮に集中力が発揮されなくても10ページ。

1か月で参考書一冊終えられると考えただけで楽しい気分になりますね!

一日の時間の使い方を考える、予定を立てるというのは簡単なようであまりやっている人はいません。

やっているのは一部の成功者だけです。これであなたも成功者の仲間入りですね。

参考になっていましたら幸いです。<(_ _)>

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA